ジュラシックワールドの吹き替え なぜ変更?理由と新声優 キャスト一覧!

映画 ジュラシックワールド 画像 映画

「ジュラシック」シリーズ4作目となった、映画「ジュラシックワールド」は、2015年8月に日本で公開され同年1位を獲得。

 

興行収入95・3億円を記録し、大ヒットとなりました。

 

劇場版では、玉木宏や木村佳乃、松岡茉優らがキャストで出演し、日本語吹き替え声優を担当。

 

しかしテレビ番組では、オリジナルの新吹き替え版が放送されています。

 

本作の吹き替え声優はなぜ変更されたのか?

 

理由はともあれ、新吹き替え版の主演を、仲間由紀恵と山本耕史が担当することが決まっているし、ココリコの田中やピン芸人・永野が出演しています。

 

そうした状況に世間からは「変更するのであれば、せめて本格的な声優がよかった」という声があがっているようです。

Sponsored Link
 

ジュラシックワールドの吹き替え なぜ変更?理由は?

映画「ジュラシックワールド」は、「ジュラシック・パーク」で成し遂げられなかったテーマパークが、22年の時を経てついにオープンした世界が舞台。

 

そのテーマパークが「ジュラシックワールド」で、恐竜の赤ちゃんと触れ合うことができたり、恐竜のショーまでも行われています。

 

人間たちはさらなる技術力を求め、人工的に遺伝子を操作した恐ろしい怪物を作り出すことに成功する…というストーリー。

 

そんな本作を、金曜ロードSHOW!がオリジナル吹き替え版で地上波初放送しましたが、なぜ声優を変更したのか。

 

番組独自の吹き替え変更は、2010年12月10日に放送した劇団四季による「オペラ座の怪人」以来、約6年半ぶりだとか。

 

なぜ変更したかの理由については、まず「地上波初放送」となるため。

 

本作が2015年のNo.1ヒット作だけに話題を作って注目を集めるのが狙いだったようです。

 

もうひとつの理由は、劇場吹き替え版とは違うおもしろさを出したかったのだとか。

 

やはりこれも話題性で視聴率につなげるのが狙いだったようです。

Sponsored Link

ジュラシックワールドの新声優 キャスト一覧

映画「ジュラシックワールド」を放送するにあたり、番組オリジナルの新声優として仲間由紀恵がオペレーション・マネージャーのクレア役、山本耕史が恐竜行動学のエキスパートであるオーウェン役を担当。

 

その他の新吹替え版キャストに、ココリコの田中が、テーマパークの中を走り回るアトラクション・ジャイロスフィアのツアー・ガイドであるジミーファロン役、ピン芸人の永野がジャイロ・スフィアのオペレーター役の声優を務めました。

 

さらに、同局の森圭介アナウンサーと水卜麻美アナウンサーもテーマパーク内のアナウンスを担当。

 

玄田哲章さん、江原正士さん、堀内賢雄さん、田中敦子さん、岩田光央さん、村瀬歩さんらといった豪華声優陣も脇を固めていますが、タレントの声優に関しては下手との評価が下っています。

 

ジュラシックワールドの新声優 キャスト一覧

<クレア>ブライス・ダラス・ハワード/仲間由紀恵

<オーウェン> クリス・プラット/山本耕史

<グレイ>タイ・シンプキンス/村瀬歩

<ザック>ニック・ロビンソン/上村祐翔

<マスラニ>イルファン・カーン/江原正士

<ドクター・ヘンリー・ウー>B・D・ウォン/堀内賢雄

<ホスキンス>ヴィンセント・ドノフリオ/玄田哲章

<バリー>オマール・シー/星野貴紀

<ロウリー>ジェイク・ジョンソン/岩田光央

<カレン>ジュディ・グリア/田中敦子

<ジミー・ファロン>/田中直樹

<ミスター・DNA>コリン・トレヴォロウ/高戸靖広

<オペレーター >マーティ・カルバロプリー/永野

ジュラシックワールドのあらすじ

両親の都合で叔母のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)が勤める「ジュラシック・ワールド」で過ごすことになった16歳のザック(ニック・ロビンソン)と11歳のグレイ(タイ・シンプキンス)。

世界中から家族連れが集まる人気テーマパーク「ジュラシックワールド」で、大好きな恐竜と触れ合えるとグレイは大喜び。

しかし出資者やパークを所有する野心家のオーナー・マスラニ(イルファン・カーン)の対応に追われ、クレアは、兄弟をすっかり放置…!

2人はクレアの秘書の目を盗んで、勝手にパーク内を動き回り始めてしまう。

同じ頃、クレアはマスラニを連れて遺伝子組み換えで生みだされた新種の恐竜・インドミナス・レックスの飼育スペースへ。

凶暴で知能が高く、“仲間”を知らない新型恐竜が本当に安全なのか、マスラニはクレアに再調査を指示していた。

クレアは、群れで行動する凶暴な肉食恐竜・ヴェロキラプトルを“調教”することに成功した元軍人のオーウェン(クリス・プラット)に協力を求めることに。

集客数を伸ばすために新型恐竜の公開を急ごうとするクレアに、その無謀さを訴えるオーウェン。

その直後、彼の言葉を証明するように、インドミナス・レックスは人間を騙して檻から逃げ出してしまい…!!

引用元:金曜ロードシネマクラブより

Sponsored Link
映画
メディア☆レーヴァン