ドラマ カリスマ書店員が選ぶ珠玉の一冊 原作のあらすじとキャストは?

ドラマ カリスマ書店員が選ぶ珠玉の一冊 画像 ドラマ

『ドラマミステリーズ~カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊~』が4月22日、土曜プレミアムで放送されました。

 

本作品は、小池真理子、北山猛邦、今邑彩による短編ミステリー3作品の原作を犬童一心監督のもと、映像化したオムニバスドラマ。

 

そんな今回の作品は、日本全国のカリスマ書店員たちが、とっておきの短編として胸に秘めていた「珠玉の一冊」をドラマ化しています。

 

また、共通点として、いずれも“どんでん返し”のエンディングが存在するあらすじとなっています。

 

そして各作品の主演キャストを務めるのが大泉洋、土屋太鳳、向井理で、3作品の中では、大泉洋がドラマ『妻の女友達』に出演。

 

家と会社の往復をひたすら繰り返す刺激のない毎日をまったく苦にしない、おもしろみ一切なしのマジメ父・広中肇を演じます。

 

なお、原作は小池真理子著「妻の女友達」。

 

一方、土屋太鳳はドラマ『恋煩い』で、アクセサリーショップの販売員で妊娠したことを恋人に打ち明けられずにいる蔵元亜希を演じます。(原作は北山猛邦著「私たちが星座を盗んだ理由」)

 

向井理はドラマ『情けは人の…』でかつて不倫相手だった、亡き母と自分を捨てた実の父に復讐する、バーテンダー北川健史を熱演。

 

原作は今邑彩著「盗まれて」です。

Sponsored Link
 

ドラマ カリスマ書店員が選ぶ珠玉の一冊 原作とあらすじ

『ドラマミステリーズ~カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊~』は、短編ミステリー3作品のオムニバスドラマ。

 

小池真理子原作のドラマ『妻の女友達』に出演する大泉洋は、市役所勤務の平凡な男・広中肇を演じ、妻・志津子役の戸田菜穂が大学の同期です。

 

そして、女流作家の友人・多田美雪役の高岡早紀に頼まれて、彼女の身の回りの世話をするようになったことをきっかけに、妻を不憫に思う肇が美雪への憎しみを募らせる、というあらすじです。

 

原作の『妻の女友達』は、(1)~(6)の6編からなるミステリー短編集。

 

いずれも女の怖さを垣間見れる作品となっています。

 

そして、北山猛邦原作のドラマ『恋煩い』に出演する土屋太鳳は、アクセサリーショップで販売員として働く蔵元亜希を演じており、高校時代に仲の良かった茅野透子(岸井ゆきの)と卒業以来、3年ぶりに再会します。

 

亜希と恋人の植田駿(井之脇海)と透子、3人の出身高校が去年廃校になるため、取り壊される前に最後に行ってみようと2人を誘う駿。

 

思い出が詰まった高校で、ある人間が予想だにしない行動を取ると、4年前に起きた事件の真相が明らかになるというあらすじです。

 

最後に3人を待ち受ける衝撃の結末とは…。

 

また、原作の『私たちが星座を盗んだ理由』は(1)恋煩い、(2)妖精の学校、(3)嘘つき紳士、(4)終の童話、(5)私たちが星座を盗んだ理由、の5編からなる短編集で、全てはラストで覆る作品となっています。

 

今邑彩著原作のドラマ『情けは人の…』に出演する向井理は、かつてバーテンダーとして働いたことがある役。

 

ドラマでは、バーテンダーのアルバイトをしながら生活している北川健史を演じ、かつて不倫相手だった亡き母・喜代(市毛良枝)と自分を捨てた実の父・塚原に復讐するため、塚原の10歳の1人息子、昌彦(大西利空)を誘拐するというあらすじです。

 

なお、健史に誘拐を持ちかける中年男・赤堀役を小澤征悦が演じます。

 

そして、原作の『盗まれて』は、(1)ひとひらの殺意、(2)盗まれて、(3)情けは人の…、(4)ゴースト・ライター、(5)ポチが鳴く、(6)白いカーネーション、(7)茉莉花、(8)時効、の8編からなる短編集。

 

それぞれ違ったミステリーを感じることが出来る作品となっています。

Sponsored Link

ドラマミステリーズ カリスマ書店員が選ぶ珠玉の一冊のキャスト一覧

『ドラマミステリーズ~カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊~』

『妻の女友達』のキャスト

■広中肇/大泉洋

■妻・志津子/戸田菜穂

■娘・ちえみ/井上風宇子

■多田美雪/高岡早紀

『恋煩い』のキャスト

■蔵元亜希/土屋太鳳

■茅野透子/岸井ゆきの

■植田駿/井之脇海

『情けは人の…』のキャスト

■北川健史/向井理

■母・喜代/市毛良枝

■赤堀/小澤征悦

■塚原の息子・昌彦/大西利空

Sponsored Link
ドラマ
メディア☆レーヴァン